Social Salon vol.33 シリーズ環境 05 〝自然〟と向き合うってなんだろう!?ー水害とダムから考える私たちの生活ー【終了しました】

開催報告

 

2月16日、対話イベントが無事に終了いたしました!!
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
今回は「 〝自然〟と向き合うってなんだろう!?ー水害とダムから考える私たちの生活ー」をテーマに、笹島康仁さん、宮崎猛志さんよりお話を伺いました。

笹島さんからはダム建設によって沈んでしまった村や、沈もうとしている村についてを聞きました。
ダムができることによって、水道が安定して使えるようになったり、水力発電ができるようになります。
しかし、ダム建設予定地に住んでいる人たちからすると、ふるさとを奪われてしまうと言うことになります。
そこで生活している人の想いや考え方を聞いていると、”そこまでして建設しなければならないのか?”と思う反面、そういった設備がなくなってしまえば、今の生活はないかもしれません。どうすれば、みんなが心地よく過ごせるのか…考えれば考えるほどモヤモヤしてしまいました。

宮崎さんからは、近年の水害が起こるメカニズムや、支援活動の実態について聞きました。
近年、大雨などがすごく増えたように感じますが、全体の降雨量はそんなに変わっていないと言う事実から、森林の手入れ不足によります木が折れやすくなっていると言う話を聞きました。お話を聞いていると、全ての事象には原因があり、全て繋がっていると言うことを改めて認識しました。

その後の対話タイムでは、身近にある自然ってどんなものかを参加者で出し合い、その自然とどう向き合うかを考えました。
お二人のお話を聞いた上で、対話を深めていくと、人間は自然の一部であり向き合う事は出来ないのではないか。
そもそも自然ってなんだ!?というような意見も多くあり、大変有意義な時間となりました。

次回は3/23に開催します!!
タイトルは「3.11とエネルギー(仮)」です。
皆さま、ご参加よろしくおねがいいたします。

Social Salon 磯野佑太

 

イベント概要

NPO法人Social Salon月イチ対話イベント…
下期のテーマは、\環境/!٩( ᐛ )و

下半期【環境】では《人間社会》以外の様々な事象や問題、関わり方をテーマに扱い、「人間以外も居心地の良い環境や状態とは何かを考える」を目的にしています。

▼《対話イベント》の流れや様子は、こちらをご覧下さい▼
https://social-salon.org/activities/

2月対話イベント内容

環境シリーズ第5弾のタイトルは…
【〝自然〟と向き合うってなんだろう?!ー水害とダムから考える私たちの生活ー】

《1人目のゲスト》
NPO法人国際ボランティア学生協会理事、IVUSA危機対応研究所所長であり、阪神淡路大震災以降、様々な災害現場でボランティア経験が豊富な、宮崎猛志さん

《2人目のゲスト》
フリーランスの記者として、ダムやスーパー堤防の取材を行なっている、笹島康仁さん

お2人に、今の活動に至るまでのライフストーリーや、活動内容を語って頂きます。

下半期【環境】では《人間社会》以外の様々な事象や問題、関わり方をテーマに扱い、「人間以外も居心地の良い環境や状態とは何かを考える」を目的にしています。

お2人のお話をお聞きして、みんなで、自分も含めた人間と自然や生き物との関わり方や、持続可能な社会について自分が何が出来るかを考える会にしたいと思っています。

ダムや水害、防災のこと、環境問題に興味ある!!
という方から、まったく興味ないし考えたこともないわー!!!
という方まで、みなさまのご参加、お待ちしております♫٩( ᐛ )و

 

【ゲストプロフィール】

①宮崎猛志さん

■プロフィール
北海道南西沖地震以降の国内、国外の災害現場において救援・復旧・復興活動を行うNPO法人国際ボランティア学生協会理事。今夏のH30年7月豪雨災害までに、33都道府県86市区町村、計220回の活動を行い、延べ12,251人の若い力で被災地での家屋の片づけや泥の撤去、避難所支援などを実施。
平時には、地域防災や危機対応に関する講演やワークショップの運営、応急救命講習の普及に努めている。国士舘大学防災・救急救助総合研究所非常勤研究員、世田谷区防災会議専門部会員、せたがや防災NPOアクション代表、その他災害VC運営委員等

■参加される皆様へのメッセージ
防災、災害救援活動というと特別なこととか、非日常感満載ですが、普通のおっさんです。
被災地といっても、そこは生活する人々がいる日常なのです。
現場の声や災害のメカニズムをもとに、皆さんと、自然と向き合うことについて、語り合いましょう。

■おすすめの資料
・「気象の常識が通用しない」――豪雨多発時代を生き抜くには
https://news.yahoo.co.jp/feature/1085

・西日本豪雨の隠れた人災「ダム放流で大洪水襲来」の危険すぎる現場
https://diamond.jp/articles/-/181534

・水害の見えない被害 消毒したはずなのに・・・
http://www.risktaisaku.com/articles/-/1116

 

②笹島康仁さん

■プロフィール
記者。早稲田大学ジャーナリズム研究所招聘研究員。1990年千葉県生まれ。高知新聞記者時代に早明浦ダムと大川村の記事を読んだことをきっかけに、ダムと、ダム建設によって地域を離れた人々の取材を始める。全村が水の底に沈んだ徳山村の記事、一つの地域が沈もうとしている長崎県の川原地区の記事がある。

最近、記事をきっかけに徳山踊りの保存会が立ち上がった。
実は、2月16日夜はこの徳山踊りの保存会イベントが開かれる日でもある
(リンクはこちら→ https://www.facebook.com/events/2216928478351444/

■参加される皆様へのメッセージ
電気にしても、水にしても、当たり前の生活は、ほかの誰かの「当たり前」を奪ったり、沈めたりした上で成り立っているものなのかもしれません。開発・防災事業の全てを拒絶することはできません。けれども、それらは本当に必要なものなのか、「必要」とされたものは本当に必要だったのか、その後はどのようなことを引き起こしてきているのか、は考え続けたいと思っています。取材を通じて感じたことを、お伝えできればと思います。

■おすすめの資料
・川島 秀一(2017)『 海と生きる作法 ─漁師から学ぶ災害観』、富山房インターナショナル(https://www.amazon.co.jp/dp/4866000252

 

 

Social Salon vol.33 シリーズ環境 05 〝自然〟と向き合うってなんだろう!?ー水害とダムから考えるー

▼お申し込みは、下記申し込みフォームよりお願い致します🙇‍♂️
https://docs.google.com/forms/d/1edaN8OB426DI_cr_5iV3kMNKcZUdWt8LCNUw9c13Eo8

++++++++++++++++++++++
◆日時2月16日 (土)
受付開始 14:30~
イベント開始 15:00~
終了予定 18:00

※遅れて参加される場合は、必ず事前にご連絡くださいませ🙇‍♂️

◆場所
早稲田リーガルコモンズ法律事務所
〒102-0074
東京都千代田区九段南1-6-17
千代田会館4階
東西線・半蔵門線・都営新宿線 九段下駅
4番出口・6番出口より徒歩3分

◆費用
2,000円(2回目以降 1,000円)

◆お申し込み方法
下記お申し込みフォームより、お願い致します。

https://docs.google.com/forms/d/1edaN8OB426DI_cr_5iV3kMNKcZUdWt8LCNUw9c13Eo8
++++++++++++++++++++++
◆Social Salonとはー?
公式HP
http://social-salon.org/
*社会のコトを自分ゴトとして捉え、〝知り、感じ、考え、行動の種を蒔く〟ことを目的とした〝対話の場〟です。
月に1度開催、毎月違ったテーマを取り扱っています。
*社会問題をもっと気軽に話せる!
*より良い社会をみんなで作りたい!
*みんな違ってみんないい!
より多くの人がそう想える社会を目指したい。
2016年6月、代表・湯田の想いからはじまった対話の場、Social Salon♪
2017年7月にNPO法人化。

◆過去のテーマ:
政治、難民、障害、中国、北欧から考える民主主義、LGBT、福祉、生活インフラから考える生きるチカラ、国防・安全保障、AI 、エシカルな消費・選択、〝考える〟ってなんだ?、沖縄、医療的ケア児、尊厳死、児童養護、地域、働き方改革 etc…

☆2018年度開催テーマ
シリーズ〝人権〟
4月:01.LGBT
5月:02.難民
6月:03.ジェンダー
7月:04.障害
8月:05.世界の対立と共

9月:SDGsってなんだ!?

シリーズ〝環境〟
10月:人間ってなんだ!?ー動物、地球、宇宙から考える〝持続可能な社会〟ー
11月:ゴミは、どこから来てどこへゆくのか!?
12月:森と海から考える自然との関わり方
1月:人間と動物が“共に生きる”とは?!

《場の目的》
*今、社会で起きていることを
〝知り〟〝感じ〟〝考え〟〝行動〟の種を蒔く。
*単なる知識の丸暗記じゃなく、
〝今〟の問題について学んだ上で、
〝未来〟について、ひとりひとりが考える。

《場のルール》
・〝自分ゴト〟として捉え、共に〝考える〟学びの場を目指しています。
・他の人の意見を批判、否定しない
・一方的な知識・主義思想の吐き出しNG
・他の人のプライベートな話のシェアNG

※配慮やサポートが必要な方はご遠慮なくご相談ください。

※尚、宗教やその他ビジネス勧誘目的でのご参加は、お断りさせて頂きますこと、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です